恋愛 結婚 婚活

今までの感謝を込めて、「ご結婚おめでとう!どうか奥さまを、倖せにしてあげてね

学生時代に、アルバイト先で出逢い、始めは楽しいお仕事仲間で、年上の大学生ということもあり、プライベートでも、お付合いしていただくようになり、お勉強を教えてもらったり、私が行きたい場所へ、デートに連れて行ってくれたり、高価なプレゼントをくれたり・・・、ソレだけでも、とっても倖せだったのに! 何よりも!、その彼との恋愛以前のお付合いでは、結構、冷たくて・無理な事を頼んでくる恋人に悩まされた経験が、少なくなかった私にとって、その時お付合いしてくださった彼は、「絶対に!私の嫌がる事はしない!」と、宣言こそしませんでしたが、行動で、示してれました。

 

 本当の、男の人だったら、もっと、こうして欲しいんじゃないかな〜? と、私が心配する事も、彼は、なんら躊躇する事無く、強引な態度を取ること無く、私の、ありのまま・あるがままを、受け入れてくれたので! 哀しくて泣いたり、淋しくて辛かったり、怒られて苦しかったり・・・、そんな恋愛の悩み的な苦労は、一つも無い、とっても素敵な恋愛の経験を、させていただきました☆ 

 

その後、大学卒業と・証券会社への就職と共に、彼は、遠い故郷へ帰ってしまい・・・、「一緒に来ないか?」とか、「いつでも来ていーよ!」と云われ、しばらくの間<遠距離恋愛>を続けたものの・・・、私の方に、新しく「好きな人」が出来てしまい、その彼との恋愛は、<自然消滅>に。 

 

そんな、とっても優しくて温かかった素敵な彼を、私の方から、振ってしまうという結果になってしまったのですが・・・、その後、何年間も、色々な方と、「恋愛」をさせていただいたものの・・・、なんだか、どうしてか、多分・自分が悪いと想うのですが! 

 

あまり、充実した、「倖せ!!!」と思える「恋愛」が出来ぬまま、年齢を重ねてゆき・・・、人生で初めて、「誰も、好きな方がいない時期」に突入! 恋をしていないと、お化粧もしなくなり、お洋服もお洒落をしなくなり、どんどんとオバサンへと化していってしまう危機感に襲われた時に、ソレまでの人生の中では、1番好きで・大事にしてもらった彼に、何年振りかに、「仕事先であるはずのお会社」へ、勇気を出して「遠距離電話」をしてみたとろこ・・・、彼は、私なんかのことを、とても良く憶えて居てくれて!&昔と変わらない優しい口調で、懐かしがってくれ、私が元気に生きているか?心配して居たと云ってくれたのですが・・・、

 

なんと、つい最近、その彼は、晩婚ながら「結婚」をしたとの事で!・・・淋しいような・彼の倖せが嬉しいような・複雑な気持ちで、でも今までの感謝を込めて、「ご結婚おめでとう!どうか奥さまを、倖せにしてあげてね!!」と、感涙しながらも、電話を切った、そんな恋愛をいたしました。