恋愛 結婚 婚活

絶対に幸せにしてみせると思った瞬間でもありました。

妻との出会いは、友だち同士の飲み会でした。

 

初対面にも関わらず言いたい事を言うお互いの性格からかひょんな事から大ゲンカをしてその日は終わったのですが、1ヶ月後、2回同じ音楽のライブ会場で偶然会い少し運命を感じた事、音楽に共通の趣味があるという事で何回かご飯にいったり飲みに行ったりして仲が深まり交際することになりました。

 

交際してるうちに音楽だけでなく食べ物や服などにおいてもセンスが一緒だったしお互いうっぷんも溜めず言いたい事をいってスッキリする性格から一緒にいてとても楽でトントン拍子に同棲することになり日々の生活を楽しく送っていました。

 

ある日、休日で2人で散歩をしているとマンションのモデルルームがあり見学した事を境にモデルルーム巡りが日課になりました。私の実家の近くでモデルルームがあったので入ってみるととてもいい感じでワクワクして二人ともテンションがあがっている事、高層階であり駅近で買い物などの便利も良かったこともあり、なんと3000万円いじょもするマンションの契約をお互いの両親へ相談する事なくふたりで決めてしまいました!

 

この状況からお互い胸にしまっていた結婚という事が表に出始め、結婚しなければならないたいうマストにかわり、まずは私の親から挨拶へ。

 

親バカなのかとても妻のことを気にいってくれてすぐに了承してくれ、その勢いそのままに地方にある嫁の実家に挨拶にいきました。

 

この勢いでトントンといくかなという甘い考えは挨拶の後の状況説明で一変!結婚前になんの相談もなく多額のローンを組んだ事や無計画すぎる行動など飲みながらの席ではありましたが1時間くらい説教されましたが、妻への思いやこれからより一層仕事に打ち込んで頑張っていく事を伝え、こちらの思いが伝わったのか結婚とマンション購入してからの新生活に了承をいただきました。

 

了承いただいた後は楽しく飲み会も進み最後にお開きの時に真剣な顔で娘をよろしくお願いしますと言われるのかなと思いきや「順番が逆や!」とボソッと耳元で囁かられたのが今でも忘れられない結婚時の思い出です。妻のお父さんには頭があがりません。

 

でも絶対に幸せにしてみせると思った瞬間でもありました。