恋愛 結婚 婚活

先日、婚活サイトで知り合った男性とお食事をしてきました。

 

その男性とはサイトを通じてメールのやり取りを2ヶ月ほどしており、真面目で誠実そうな人柄が垣間見え、好印象だったことから会ってみたいと思うようになりました。

 

彼も私のことを気にかけてくれていたようで、思い切って会いたい旨を伝えてみたらOKをもらうことができ、都合を合わせてお会いしてきた次第です。

 

個室のあるおしゃれなお店を予約してくれたので、私もファッションやメイクを念入りにしたのですが…会ってみると彼は家からそのまま出てきたかのような格好。

 

何回も洗濯したような、よれたTシャツに擦り切れたジーパンと、ちょっと残念なものでした。

 

正直うーん…とも思いましたが、格好だけで人を判断してはいけないと思い、気を取り直してお食事をしながら会話を試みることに。

 

しかし、肝心の会話が全くといっていいほど弾まず…。

 

何か話題をふってもそれについての簡単な答えのみで、そこから話がふくらまないのです。

 

面白い話をしてみようと、自分の失敗エピソードや、冗談を挟みながらのトークをしてみましたが、彼の反応は薄く…。

 

私は、誰とでも話せるようなよくある無難な会話に切り替え、その場をしのぐことにしました。

 

お食事を始めてから2時間。

 

私は「明日も仕事なので…」と理由を付け帰ることに…本当はお休みだったのですが。

 

しかしここで意外な出来事が。

 

彼の方から「楽しいし…もう少し一緒にいられませんか?」と言ってきたではありませんか。

 

え!?あんなに反応薄かったのに楽しかったの?と内心驚きましたが、私は話題をふるにも限界に来ていましたし、何よりかなり疲れたし…。

 

「申し訳ありませんが…」とやんわりお断りしてきました。

 

 

メールではあんなに印象が良かったのに…返事を考える時間があったから良かったのでしょうか。

 

悪い方ではないのはわかっているのですが、たった2時間いただけでぐったりくるほどの疲労感…相手が慣れてくれば違うのかもしれませんが、私とは相性は合わないのではと思ってしまいました。

 

その後も義理でメールの返信はしていましたが、相手も何かを察したのか連絡が途絶えました。

 

おしゃべりじゃなくてもいいけど、もう少しおしゃべりしてくれる相手を探したいと思った経験です。

続きを読む≫ 2016/03/08 12:38:08

お見合いサイトで出会った彼と電撃的に結婚しました。
そのお見合いサイトを見つけたのはこちら

 

http://www.xn--n8jl5yjcyex19w1jwe.jp/woman.html

 

 

33歳という年齢で、このチャンスを逃すと一生結婚は無理かもしれない、という焦りもあったと思います。

 

主人とは、声を投稿してコミュニケーションを取るという一風変わったSNSで出会いました。
元々声フェチだった私は、主人の声を一声聞いて好きになりました。

 

様々な日常のストレスで落ち込んでいた私を笑わせよう、と投稿してくれた主人に感激。
その時から声だけなのに強烈に気になるようになりました。
思い切って個別に連絡するようになり、通話で会話をするまで発展。

 

意気投合して一晩中話していました。
主人は私を笑わせてくれる天才だなと思いました。

 

その反面、とても寂しがり屋で愛情に飢えている人、という印象で益々気になっていました。
この時はまだ実際には会っていませんでしたが、主人から告白されて付き合おうと言われました。

 

最初はよくあるネット恋愛で本気ではないだろう、と内心思っていましたが、実際に会って誠実な人であることが解り、お付き合いも本気だと解りました。
4歳主人の方が年下ですが、お互いに良い歳だし結婚前提でお付き合いをスタートしました。

 

と言っても主人の住んでいる所と私の実家は他府県で離れていて、遠距離恋愛です。
しょっちゅう会える訳ではないので、会えて離れ離れになる際に寂しくていつも泣いてしまいました。

 

そんな私に、いっそ一緒に暮らすか、と主人が言ってくれたのです。

 

付き合って二ヶ月で主人が私の両親に挨拶に来ました。
実は主人は、同棲させて欲しい、とお願いに来たのですが両親は結婚申込みに来たのだと勘違い。

 

その流れですが、いっそ入籍するか、となりました。
良いのか悪いのかわかりませんが、交際スタートから四ヶ月弱で入籍しました。
親友にはネットで出会った人と結婚なんて早すぎる、と心配されていましたが、お嫁に行きました。

 

主人が元々、一人暮らししていたアパートにやって来ました。
実家暮らしが長かった私は、家族や故郷が大好きだったので旅立ちの日は号泣でした。

 

ですが、それ以上に主人と離れることの方が辛かったのです。
今は幸せな毎日を過ごしており、近いうちに式を挙げる予定です。
思い切って主人に着いてきて良かったです。

続きを読む≫ 2015/04/04 07:39:04

結婚相手とは 1年間の付き合いで結婚をしました。
とても優しく 誠実な人だったんです。
結婚するなら 彼だと思いました。

 

初めの頃は 二人での生活は楽しく新しい経験ばかりで
日が経つにつれ 違和感が出てきました。
最初はお金の問題でした。
一ヵ月分のお小遣いを渡しておくと 翌日の朝には小遣いの催促をするのです。
まあ 付き合いもあるだろうと渡してはいたのですが
また 朝になると頻繁に催促してくるようになりました。
不思議に思い聞いて見ると 
独身の頃から お金が無くなるといつも親からお小遣いをもらっていたと言うのです。
結婚しても 同じようにしてほしいと言いました。
大した収入もないのに何を言っているのかと私は思いました。
自分の収入を分かっていません。
いろいろ聞いて見ると 
独身の頃は 親が全て管理していて衣類すら母親の好みのものを着ていたのです。

 

結婚した今。 
夫婦生活を 毎日母親に報告していると言うではありませんか 驚きました。

 

そんな報告をするのは 止めるよう言ったのですが
なぜ どうして夫婦生活の詳細を話してはいけないの?理解できない。と逆に言われました。

 

呆れるのと腹立たしさで 私が理解できなくなりました。
母親には 隠し事はしない 何でも報告するようにと言われ育ったそうです。

 

この後大喧嘩をして なんとか詳細までは言わないようにと約束させたのですが
守られていないようでした。

 

姑から 毎日のように昨日こんなことがあったんだってね。と電話が入ります。
私は何でも知っているのよ。と自慢げにです。

 

毎日 この対応にいい加減疲れました。
彼は毎晩会社の帰りに実家に帰り 母親に一部始終を報告していたのです。

 

全く知らせれていなかったので 分かりませんでした。

 

こんな生活の中 だらしない性格だと思い知らされました。

 

服を脱いだら脱ぎっぱなしで その場に放置。
新聞を見たら広げたままで放置され 使ったものは元に戻さないでほったらかしです。
私の物を身につけて いつの間にか自分のものにしてしまう。

 

私のクレジットカードで 勝手に買い物。
あげくの果てには 子供の学資預金まで全て使いこんでしまい
退職金の前借 生命保険の満期の早期解約 全て使われてしまいました。

 

彼の生まれ育った環境は 浪費生活とマザコンだったのです。

 

当然 離婚しました。

続きを読む≫ 2015/04/04 07:38:04

ある会社で仲良くなった人がいました。初めは、会社帰りに喫茶店に行ったりする程度でしたが、気がつくと休みの日も会うようになりました。

 

付き合ってとかいう言葉はお互いありませんでしたが、自然に彼氏彼女の仲になりました。特に誰かに言うということは、ありませんでしたが、会社の人達は気付いていたみたいです。ちょうどその頃かな?相手が妻子持ちだと知りました!最初に知っていたら付き合わなかっただろうと思うけど、今わかったからって…悩んだけど、別れることができませんでした。

 

会う回数も増えていき、相手の家族にはバレていきました。彼は大丈夫だから!ってしか言わず、バレないようにするためにと、会う回数も時間も一時期より減らしました。だからと言って別れることがなかったので、奥さんが会社の専務に相談に行きました!かなりしてからだと思いますが、会社の仲のいい人から教えてもらいました。
この頃には、会社でもあまり話さないようにして、仕事を終えてからや、休みの日は会わないようにし、メールだけになりました。

 

彼は「今、会社も家族も信頼がなくなってるから、取り戻す!」と。取り戻すことなんて、できるのかなぁ?と思ったけど、黙って見てることにしました。
大人しくしていたある日、自宅に一本の電話が!彼の奥さんからです!

 

えっ?どうなってんの?と思って携帯に電話すると、ぜんぜんでない…やっとこ出た!と思うと、お婆ちゃんの声?このあと、電話を切ったのか、そのお婆ちゃんと話をしたのか、記憶にありませんが…後からわかったことは、そのお婆ちゃんは奥さんの親で同居しているとのこと。携帯も取り上げられていることを知りました!

 

ちょうどその頃、GW の連休に入り、私はどうすることもできず、彼のことを忘れるように、友達とあそんでいました。

 

ら!ある日家の前に彼の車が!奥さんと子ども二人が降りてきて、ものすごい剣幕でドアをノックする音が!たまたま私の親が居たので、親が対応しましたが、結局私も呼ばれました。会わないと言うことで落ち着きましたが、しばらくすると、非通知や公衆電話から携帯に着信が何度もあり、でてみると、彼からでした!困るって言ってもかかってきて、電話もでないようにしたけど、またお婆ちゃんから電話があり、あろうことか、また私から連絡とっていると、言いがかりが!彼の携帯取り上げてるのに、こっちから連絡取れるわけないことをいったらやっとこ理解してくれました!
体力的にも精神的にも、最悪でした!

続きを読む≫ 2015/04/04 07:37:04

大げさなタイトルをつけてしまいましたが、本当にそう思います。

 

私は今は結婚して普通の主婦をやっていますが、夫との出会いがまさにそれでした。
出会い方が映画やドラマみたい!とか、そんな事は全く無く、
趣味のオフ会で知り合って意気投合、という極々普通の出会いだったのですが
それまで、内向的でインドアで、基本的に一人遊び的な趣味が好き(読書とかゲームとか)で、
周りの友人や職場の人が心配して合コンをセッティングしてくれようとするほど
異性とは縁が無かったというか、せっかく好意をもってくれる人が現れてもグッとこなかったり
趣味も気も合うって人と知り合っても、ただの友人で終ってしまったり
この人の事好きかも?と思ってお付き合いしても(今思えば失礼な話ですが…)途中で、あれ?そうでもない…って気づいて
ちゃんと話し合って別れるでもなく、なんとなく連絡をとらなくなってフェードアウト…という感じで
本当に、恋人ってものがどういうものか、そもそも恋愛感情ってどういうものなんだろう?と
今思えば恥ずかしい話、20代も後半に差し掛かるまで良く分かっていなかったのだと思います。

 

夫と初めて出会った時、少し会話をしただけなのに、なんだかすごくしっくりきて
よく知りもしない相手なのに「この人は凄く信頼できそうな人だ」と思った記憶があります。

 

そして、その後、よく知りもしない相手なのに、私には珍しくお気に入りの映画のDVDを2本も貸しました。
普段なら、兄弟や極々親しい友人にしか絶対に物は貸さない私がです。

 

それくらい、しっくりきたんです。上手い言葉が見つかりませんが、そうとしか言えません。

 

オフ会の時に連絡を交換し合ってその後は、最初は友人として、少しして恋人同士として一緒に映画を観に行ったり、食事をしたりしました。
極々普通の、オーソドックスなデートです。

 

でも彼とだと何をするにも楽しくて、これが恋愛ってやつか!!と自分の中で凄く納得したのです。
恋をすると、デートは勿論楽しいし、苦手な手料理も美味しいと喜んで貰えるように努力するのも楽しいし
この人が好きだ!!そして私の事をもっと好きになってもらいたい!っていう気持ちが溢れてくるんですよね。

 

それまで、異性に対してそんな風に思ったことが殆ど無かったので、気持ちの上では初恋のようなものです。

 

お付き合いしようか?と、どちらが言ったか、そもそも言わなかったのかもう覚えていないのですが
そんな感じで2年ほど交際し、お互いの両親に緊張しつつ挨拶し、結婚。

 

入籍してからもう何年も経って、時々3日も口をきかないようなひどい喧嘩をしたり、ありましたけど、というか今もありますけど
時々「実はこの生活は夢で、現実の私は今も独りで仕事と寝るだけの毎日を送っているのでは…」とか妄想してウワッ
…ってなるくらいには、平凡だけど毎日幸せなのです。

 

周りでは「結婚なんて…」って言う人も居るし(謙遜も含まれるでしょうが)
独身の頃は私もそれを少し真に受けたりもしてましたけど
好きな人と生活し、毎日他愛のない会話をして、たまにドライブで行った先でB級グルメを頬張る、みたいな日々が本当に幸せです。
私ばかりが幸せじゃダメなので、日々忙しい夫にも幸せだと思って欲しい。その為に私は何がしてあげられるのかな。

続きを読む≫ 2015/04/04 07:34:04

学生時代に、アルバイト先で出逢い、始めは楽しいお仕事仲間で、年上の大学生ということもあり、プライベートでも、お付合いしていただくようになり、お勉強を教えてもらったり、私が行きたい場所へ、デートに連れて行ってくれたり、高価なプレゼントをくれたり・・・、ソレだけでも、とっても倖せだったのに! 何よりも!、その彼との恋愛以前のお付合いでは、結構、冷たくて・無理な事を頼んでくる恋人に悩まされた経験が、少なくなかった私にとって、その時お付合いしてくださった彼は、「絶対に!私の嫌がる事はしない!」と、宣言こそしませんでしたが、行動で、示してれました。

 

 本当の、男の人だったら、もっと、こうして欲しいんじゃないかな〜? と、私が心配する事も、彼は、なんら躊躇する事無く、強引な態度を取ること無く、私の、ありのまま・あるがままを、受け入れてくれたので! 哀しくて泣いたり、淋しくて辛かったり、怒られて苦しかったり・・・、そんな恋愛の悩み的な苦労は、一つも無い、とっても素敵な恋愛の経験を、させていただきました☆ 

 

その後、大学卒業と・証券会社への就職と共に、彼は、遠い故郷へ帰ってしまい・・・、「一緒に来ないか?」とか、「いつでも来ていーよ!」と云われ、しばらくの間<遠距離恋愛>を続けたものの・・・、私の方に、新しく「好きな人」が出来てしまい、その彼との恋愛は、<自然消滅>に。 

 

そんな、とっても優しくて温かかった素敵な彼を、私の方から、振ってしまうという結果になってしまったのですが・・・、その後、何年間も、色々な方と、「恋愛」をさせていただいたものの・・・、なんだか、どうしてか、多分・自分が悪いと想うのですが! 

 

あまり、充実した、「倖せ!!!」と思える「恋愛」が出来ぬまま、年齢を重ねてゆき・・・、人生で初めて、「誰も、好きな方がいない時期」に突入! 恋をしていないと、お化粧もしなくなり、お洋服もお洒落をしなくなり、どんどんとオバサンへと化していってしまう危機感に襲われた時に、ソレまでの人生の中では、1番好きで・大事にしてもらった彼に、何年振りかに、「仕事先であるはずのお会社」へ、勇気を出して「遠距離電話」をしてみたとろこ・・・、彼は、私なんかのことを、とても良く憶えて居てくれて!&昔と変わらない優しい口調で、懐かしがってくれ、私が元気に生きているか?心配して居たと云ってくれたのですが・・・、

 

なんと、つい最近、その彼は、晩婚ながら「結婚」をしたとの事で!・・・淋しいような・彼の倖せが嬉しいような・複雑な気持ちで、でも今までの感謝を込めて、「ご結婚おめでとう!どうか奥さまを、倖せにしてあげてね!!」と、感涙しながらも、電話を切った、そんな恋愛をいたしました。

続きを読む≫ 2015/04/04 07:33:04

高校を卒業し、大学に進み一人暮らしを始めたので焼肉屋でバイトすることにしました。

 

そこで、店長をしていたのが当時の私の彼氏の同級生で同郷の店長だったので話が盛り上がりすぐ打ち解けることができました。

 

私は学生で、彼は5歳上の店長で、やはり店長はカッコよく見えてしまう時期だったんですね。

 

とても優しく、顔はタイプだけど服装はちょいダサめで友達からは「なんであの人~?」とからかわれていました。
でも、私にはとってもカッコよく映っていました。

 

私も頑張ってバイトを覚えて、彼といっぱいいたいからたくさんシフトを入れてもらってのめり込んでいきました。
当時の彼氏とは別れて、もう彼にぞっこんでした。

 

しかし…まさか結婚しているなんて好きになってから知りました。
奥さんとは学生時代から付き合っていて10代で結婚したそうです、子供もいませんでしたが。

 

でも、私も突進型で好きになってしまっては気持ちが抑えることができませんでした。
店長の彼も奥さんとはもう終わってるって言ってたし、デートを重ねていました。

 

今考えるとだいたいの不倫願望がある人って、伴侶の方とはもう終わってるって言うのが決まり台詞ですよね(笑)

 

バイトが終わってから、車でドライブして夜景見たり居酒屋行ったり、楽しい大人のデートをしていました。
そして、最初で最後に一回だけしてしまった初Hはなんと彼の家でした。

 

奥さんは看護婦で夜勤だから帰ってこないと聞いて遊びに行って…です。
でも、私も熱しやすく冷めやすいのでその後すぐ違う人と付き合って別れました。

 

彼が「最近、つれないね、デートしたいなー。」とバイト中言って来たのであっさりと「奥さんいる人はやっぱ私はだめだったわ、奥さん大事にしてね!私は違う人と幸せになるからー」と言ってあっさり別れることができました。

 

不倫は後にも先にもこれだけでしたが、10代の学生だったので何にも分からない小娘だったなぁと今では黒歴史です。

続きを読む≫ 2015/04/04 07:25:04

最近終わりを告げた片思いのお話です。
彼(T君)とは中学校の同級生でした。私の通っていた中学はマンモス校だったので、クラスが一緒になったことはありませんでした。

 

しかし委員会が一緒だったことがあり、「かっこいいな」と思っていたことがあるので認識はしている程度でした。T君が私の存在を知っていたかはわかりません。

 

特にアプローチするでもなく、そのまま中学卒業、高校卒業を経て大学に入学しました。
そして大学三年になった頃、突然mixiのメッセージが届きました。開いてみると「中学で一緒だったTです。わかりますか?」と書いてあったのです。

 

中学時代はもちろん卒業後も関わりがまったくなかったのでとても驚きました。メッセージの続きをみると、プロフィールに書いていた「好きな映画」を見て、趣味が似ていると感じてメッセージを送ったと書いてありました。

 

どの作品もハリウッド映画などの有名作品ではなく、ミニシアターなどで上映しているような作品だったので趣味が同じという人が周りにはいなかったのです。そんな時に同じ作品をいいと思う人がいたということ、そしてそれがT君だったことが嬉しくてすぐに返信をしました。

 

そこからメッセ―ジのやりとりが始まり、三カ月ほどしたころにT君が気になるという映画を一緒に観に行くことになりました。

 

久しぶりにあったT君は良い意味で中学生の頃とあまり変わっていなくて、初めて話したのにとても話やすかったのです。映画もとても面白く、帰り道にカフェで映画の感想や中学時代の話などをして盛り上がりました。

 

それから何度か一緒に映画を観に行ったり、連絡を取り合い、私は段々とT君に惹かれていきました。しかし関係を壊すことがこわくて告白も出来ずにいました。

 

片思いのまま時は過ぎ、大学四年になってT君に彼女ができました。それからは申し訳なさもあり、二人で映画に行くこともなくなり連絡の頻度も減ってしまいました。

 

心の片隅にT君への諦められない気持ちが残ったまま社会人になりましたが、今でもT君は彼女と仲良く続いているようです。

 

切ない気持ちはありますが、T君の幸せを祈ろうと決め、私も恋活を始めました!前向きに頑張ることできっと良い出会いがあると信じています。

 

最近でもたまにT君と連絡をとりますが、友達として仲良くしていけたらいいなと思えるようになりました。

 

恋愛としては残念な結果に終わりましたが、T君と映画を楽しんだ日々は良い思い出として胸にしまっておくことにします。

続きを読む≫ 2015/04/04 07:23:04

恋愛経験は本当にないと言っても等しいくらいに浅い私ですが、高校生の時に交際していた同じ高校の同級生がいました。

 

身長が高くて痩せ形でちょっと変わった男の子でしたが私はとても好きで何度も告白してようやく付き合ってもらったのですが、友達より彼氏を優先な生活になってしまい、彼氏がいないと何も出来なくなってしまいました。

 

そんな幸せな生活も付き合って3年になろうとしていた頃に、私に飽きたという理由と他に好きな人が出来たという理由で振られてしまいました。

 

そしてその他に好きな人が出来たという人物は私の友達でした。本当に好きで辛かったので学校にも行けなくなり毎日泣いていた私を他の友達が見かねて、他校の男性を紹介してくれました。やはり同じ同級生でしたが性格が全く違うし最初は好きではなかったのですが、どんどん好きになって行き付き合うことになりました。

 

でも前に付き合っていた男性が本当に好きだったのでなかなか心を開けずにいるのと、夢にまで出てくるほどに忘れられなくて苦しい毎日は続きました。その思いは何年も続き、そんな中出会った男性とも交際しているという相手に失礼なことをずっとしていました。

 

それでもいいと言ってくれる優しい彼と結婚したのは高校時代の彼氏に振られて泣いた10年後でした。プロポーズされたのが大分前だったのですが、なかなか踏ん切りが付かずに相手を待たせてしまいました。

 

でもそれでもずっと待っていてくれた彼氏に感謝し、これ以上待たせてはいけない、高校時代の彼氏を忘れるようになりたいと思い始めたのが結婚を決めたキッカケです。そして結婚を決めて子供も産んで今は可愛い子供2人の母親になった私ですが、完全に忘れることが出来ずにいまだにふと思い出す時があります。

 

高校時代の友人から彼の近況を聞きました。彼は大手の会社に勤めてかなり仕事が出来るようで偉くなったようです。

 

つい何年か前に結婚し子供も可愛いお子さんが出来たようです。それを聞いてふと良かったねと思ってしまった私です。

 

今までは幸せになるなんて許せないと思っていたけれど、今思えると言うことは自分が本当に幸せで余裕があることなんだなと実感しました。

 

今思えば、高校時代の彼氏とは合わなかったのだと思います。それに早く気づけて良かった、私の選択は間違っていなかったんだと思うようになりました。

 

今は主人が大好きですし尊敬しています。主人がいなかったら今の私はいなかったのだなと思うと一生頭が上がらないので、これからは全力で恩返しするべく主人を支えていきたいと思います。

続きを読む≫ 2015/04/04 07:21:04

妻との出会いは、友だち同士の飲み会でした。

 

初対面にも関わらず言いたい事を言うお互いの性格からかひょんな事から大ゲンカをしてその日は終わったのですが、1ヶ月後、2回同じ音楽のライブ会場で偶然会い少し運命を感じた事、音楽に共通の趣味があるという事で何回かご飯にいったり飲みに行ったりして仲が深まり交際することになりました。

 

交際してるうちに音楽だけでなく食べ物や服などにおいてもセンスが一緒だったしお互いうっぷんも溜めず言いたい事をいってスッキリする性格から一緒にいてとても楽でトントン拍子に同棲することになり日々の生活を楽しく送っていました。

 

ある日、休日で2人で散歩をしているとマンションのモデルルームがあり見学した事を境にモデルルーム巡りが日課になりました。私の実家の近くでモデルルームがあったので入ってみるととてもいい感じでワクワクして二人ともテンションがあがっている事、高層階であり駅近で買い物などの便利も良かったこともあり、なんと3000万円いじょもするマンションの契約をお互いの両親へ相談する事なくふたりで決めてしまいました!

 

この状況からお互い胸にしまっていた結婚という事が表に出始め、結婚しなければならないたいうマストにかわり、まずは私の親から挨拶へ。

 

親バカなのかとても妻のことを気にいってくれてすぐに了承してくれ、その勢いそのままに地方にある嫁の実家に挨拶にいきました。

 

この勢いでトントンといくかなという甘い考えは挨拶の後の状況説明で一変!結婚前になんの相談もなく多額のローンを組んだ事や無計画すぎる行動など飲みながらの席ではありましたが1時間くらい説教されましたが、妻への思いやこれからより一層仕事に打ち込んで頑張っていく事を伝え、こちらの思いが伝わったのか結婚とマンション購入してからの新生活に了承をいただきました。

 

了承いただいた後は楽しく飲み会も進み最後にお開きの時に真剣な顔で娘をよろしくお願いしますと言われるのかなと思いきや「順番が逆や!」とボソッと耳元で囁かられたのが今でも忘れられない結婚時の思い出です。妻のお父さんには頭があがりません。

 

でも絶対に幸せにしてみせると思った瞬間でもありました。

続きを読む≫ 2015/04/04 07:19:04